隣の家が火事になることだってある!

2016年3月4日(金) 06:45

隣の家が火事になることだってある!隣の家が火事になり、自分の家にも被害が・・そんな急な災害の時に備えて火災保険に入る人がいますよね。
これは持ち家だけでなく賃貸でも大家さんによって必要な契約なので賃貸契約時と同時に入っていると思います。知らずとはいえ、入ってさえおけば万一の時、自分が助かります。保険料に関しては、長期間タイプの物を一括で支払うと割引率が高く出来れば長い期間加入したい。
と思うのであればそちらの方が良いでしょう。保険と聞くと、年末調整の事が引っかかると思いますが対象外となりますので、申請は出来ません。冬は火の取り扱いに注意が必要ですよね。しかし、火災は突然起こるものです。
マイホームに何かあった時にそれ専用の保険に加入しておけば安心です。これはマイホームを持っている人だけの物と思われている方もいらっしゃると思いますが賃貸でも住宅保険は選べます。
住宅に関するすべての事をカバーできる商品なら鍵の紛失、窓ガラスの破損なども保険が有効になります。
が、不動産屋と大家さんによっても違ってきますので賃貸契約をするときに確認しておくことをお勧めします。
災害がいつくるか。
誰でも知らないですよね。
そんな時に備えて安心のために火災保険を検討している方もいると思います。
ですが、この頃の保険は多くの種類がありどの会社の商品にしようか迷う・・という方が非常に多くなってきています。その様な時は比較サイトがおすすめですよね!!長期タイプ、短期タイプ、保険料などを比べありとあらゆる商品の見比べが可能なので加入したいと思う保険が見つかると思います。
長期タイプを選ぶのであれば、一括支払いを選択するとよりお得になります。
火事などの突然の災害から家を守る火災保険は任意保険ですから強制的な効力は何もありませんが災害はいつ襲ってくるか誰にも解りませんし自分に降りかかるものだけでなく、例えば隣が火事に巻き込まれた場合火の粉が降りかかり、こちらにも被害が出たとき出火した家に損害賠償請求をしても、要望が通るのは稀だと言われているので加入保険で対処しないといけません。そんな時にも役立ちますので、入っておいた方が安心ですね。気になるのが金額だと思いますが、基本的に長期タイプの契約の物を一回で全額支払う事ができれば、割引が大きくなります。

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop